防水工事

防水工事とは、コンクリート建造物の雨や水にさらされる部分を防水処理することで、建物内部に水が染み込むのを防ぎます。初期硬化によりわずかながらクラック(ひび割れ)が一般的な鉄筋コンクリート構造物には存在しています。最初はまったく影響ありませんが、年月と共にその微小なクラックが大きくなっていき、水漏れなどの原因になります。

株式会社ダイケン
防水工事
防水工事
雨漏り補修工事

どんな家でも年数が経つと水漏れが発生するおそれが出てきます。

水が室内に入り込むようになってからでは、工事費用が多くかかってしまいますので、防水工事は早めに行うことをおすすめします。

雨漏り補修工事

防水工事の重要性

家の資産価値を保つために建物を水から守ることが大切です。屋外から建物内へ雨水が浸入すると、建物の骨格を支える柱や梁(はり)の腐朽、鉄筋の錆などにつながります。

そのため、建物の内外を定期的に観察し確認するようにしましょう。外壁などにひび割れ(クラック)や剥がれが発生していることがありますので、プロによる定期的な診断を受けることをおすすめします。

 
施工事例
施工前
施工前
施工後
施工後
屋根防水
屋上防水
株式会社ダイケン

シート防水・FRP防水・塗膜防水・アスファルト防水 他